占いで相性をチェックするのに必要な情報

お互いの相性を診断する際に、よく当たる占いを実現するためには、あらかじめ必要な情報が存在します。
相性診断に必要な情報は流派によって微妙な違いはありますが、本記事では基本的な部分や一般的な情報をご紹介いたします。

相性診断では相手と自分の本質が表れたニックネームが必要になります

まず、多くの相性診断に必要不可欠な情報は自分達を表す名前です。
名前と申しましても、多くの場合、本名は求められず、ほとんどはニックネームでそれぞれの相性を占うことができます。
しかし、占いする場に来て、即興で考えたニックネームではなく、日頃から慣れ親しんでいるなどして、より普段の自分に近いニックネームを提出した方が占いの正確性が上がります。

もしも、普段から呼び慣れているニックネームが特にない時は、相性を占ってもらう相手に自分のニックネームを考えてもらうことがおすすめです。
お互いの相性を占い診断ですから、結果的により正確な診断結果に繋がることにもなります。

相性診断は性別によって意外な結果に結びつくことがあります

相性診断にはお互いの性別に関する情報を提供することが必要です。
性別は誰でもよくご存じでしょうから、特に事前に考えておく必要性はありません。
しかし、同じ相性診断であっても、相性診断をする時に、お互いの関係性が同性か異性であっても思わぬ結果が現れることは理解することが大切です。

例えば、男性と女性の恋人がそれぞれ相性診断した際に、恋人よりも友人に近い相性だと診断されることもあります。
逆に、同性同士であっても、場合によっては前世では恋人同士であったと言われるケースも存在します。
同性同士であっても異性同士であっても、結果によっては気まずいことになるので注意が必要です。

相性診断においては、客観的な正確性よりも、より本質的に近い情報の提供がよく当たる占いを実現することに繋がります。
相性占いを行うことで、あらためてお互いの関係を見直してみてください。